2022/06/29
近頃はイベントの内容を映像として残す案件が増えてきています。 ライブ中にマルチトラックで録音した音源を後日、動画用にスタジオでミックスすることもあります。 ライブ音源が目に見える形で残るという緊張感もありますが、音響とレコーディング、両方やっている身としてはとてもやり甲斐があります。 #ysmusicfactory #yssoundcreative #備忘録

2022/06/29
楽器の生音がちゃんと聞こえるような会場ではPAのさじ加減が重要になってきます。 生音だけでは感じれない(または聴こえない)部分をPAで補うイメージに近いのかも知れません。 #音響 #livesound #yssoundcreative #備忘録

2022/06/29
スタジオレコーディングで培った音への感性はPAをする際に活きてきます。 またPAで培った音への瞬発力はスタジオレコーディングでも活きてきます。 #yssoundcreative #ysmusicfactory #備忘録

2022/06/29
マスタリングで必ずしも全てのトラックの音圧を均一にしたり、音質を揃える訳ではありません。 曲調やアルバム全体の流れを考慮して曲間の長さや音圧・音質を調整していきます。 #レコーディングスタジオ #recordingstudio#ysmusicfactory #備忘録

2022/06/29
現場によっては事前に下見が出来なかったり機材の設置場所が決まっていなかったりする事があります。 どんな環境でも、その場で可能な限りベストな音響環境を構築できるように努めています。 #音響 #livesound #yssoundcreative

2022/06/29
アナログのアウトボードを使ってマスタリングを行う時、使用機材のパラメーターを曲ごとにメモしておきます。 こうしておく事で、後々修正をしたりマスタリングをやり直したい時に、前回作業した時と同じ状態に戻す事ができます。 #レコーディングスタジオ #recordingstudio #ysmusicfactory#備忘録

2022/06/29
音を扱う機器は、扱える最大音量レベルやメーターの基準が機材毎に違う事がよくあります。 特に色んな機器を組み合わせる場合、持っている機材の力を最大限に発揮するにはそういったスペックも頭に入れておく必要があります。 #レコーディングスタジオ #recordingstudio#ysmusicfactory #備忘録

2022/06/29
ミックスやマスタリングで歌の音圧を上げると意外と気になってくるのがブレス(息継ぎ)です。 ブレスは歌をより有機的に、音楽的に聴かせてくれる部分でもあるので、無闇に消すのは良くないと考えます(場合によっては強調することもあります)。 他の楽器のミックスと一緒で、丁度いい音量に調節する感覚でブレスと向き合うと良いのかもしれません。...

2022/06/29
人間の耳はとても騙されやすく、ちょっとした思い込みで変化していないはずの音が変化して聴こえたり、同じバランスのミックスでもその時の精神状態によっては違うバランスに聴こえたりします。...

2022/06/29
ミックスは音楽の演奏と似ていると感じる時があります。 調子の良い時は一回でイメージ通りのミックスができる時もありますし、何度かやり直す必要がある時もあります。 日頃から良いパフォーマンスを維持できるように耳や再生環境、精神状態を整える事がミックスの打率向上に繋がると考えています。 #レコーディングスタジオ #recordingstudio#ysmusicfactory #備忘録

さらに表示する