2021/09/26
音響のお仕事が徐々に復活してきていて、音響現場の写真が最近多めです。

2021/09/26
Y’s Sound Creativeの音響レンタルの常連様宅の景色が最高です。 いつもご利用ありがとうございます。

2021/09/22
コンプはかけ録りする時もあればしない時もあります。 ポップスなどのレコーディングは聴きやすさや音圧を求められる事が多く、後々コンプを多段がけして音量を均一にしたり、全体的な音圧を稼いだりするので、最初からコンプを少しかけて録っておいてその後の処理をやりやすくします。...

2021/09/22
最近のイベントは配信とセットが多いです。 会場では生音が聴こえるので、パフォーマンスによってはマイクの音は必要ない事があります。 配信はミキサーに入力された音声しか届かないので、会場では聴こえていても配信では聴こえないという事があります。...

2021/09/16
レコーディングで事前に参考音源などの情報がある場合は、なるべく求められている音質に近づけるような機材の組み合わせを考えます。 事前にそういった情報がない場合は、極力癖のない、王道なセッティングを心掛けています。 セッションによっては音決めにそこまで時間をかけられないので、少しでも失敗が少ないやり方を選ぶことも時には大事です。...

2021/09/16
ライブ配信の時のマイクのセッティングはレコーディングの時とは異なります。 ライブ配信の時は見映えも重視したり、他の楽器の音の被りや、カメラワークも考慮してマイクのセッティングする必要があります。 それでいて可能な限り良い音質で配信ライブをお届けできるように、ありとあらゆる工夫をしています。 #レコーディングスタジオ #recordingstudio #ysmusicfactory

2021/09/10
自分が携わった作品が形となって手に戻ってくるのはとても嬉しいです。 ストリーミングが主流となりつつあり、こういった事もだんだん減ってくると思うと少し淋しいです。 写真のアルバムは10月8日発売予定の、Ensemble Signal、1st アルバム「First Suite」です。 アーティストHPで予約販売開始してます!是非手に取って聴いてみてください。...

2021/09/10
スタジオで楽器を収音する時、楽器から少し離れた場所にマイクを置いても、充分クリアで良い音で録れる事があります。 生楽器は特に、楽器全体から音が出ているので、音が綺麗に響くポイントにマイクを置けば、オフマイクでも良い結果が得られる事が多いです。...

2021/09/07
マイキングには正解がないです。 アーティストや、楽器、編成、ジャンルなどによって毎回様々なマイキングを試みています。 時間をかけてセッティングしたマイクの音を結局は使わない事もあります。 先人が編み出した色んなマイキングの手法などももちろん試しますが、最終的には自分の耳で判断した方が良い結果につながると信じています。...

2021/09/06
デジタル全盛期の今でも沢山の機材に囲まれるのは憧れがあります。 好きな機材を使う事によってモチベーションが上がったり、より音楽的な質感を楽曲に+αできるのは間違いありません。 でもレコーディングでは極力余計なものは通さない方が、実際音質は良くなりますし、後々の処理に都合の良い事が多いです。...

さらに表示する