神奈川県逗子市沼間1-14-16

電話番号 046-897-0072     メール info@ys-musicfactory.com

 

・送迎あり・駐車場あり・東京都内から電車で一本・駅から徒歩6分。逗子ICから3分の立地。

↓クリック!

レコーディングスタジオ グランドピアノ

↓クリック!

リハーサルスタジオ グランドピアノ

駐車場2台完備

駐車場

駅から徒歩6分。インターから2分。

アクセス

ブログ

お問い合わせ


こだわり

スタジオ コラム

音楽制作

音楽制作

格安 キャンペーン

キャンペーン

『利用の極意』


ご利用ガイド

注意事項

Q&A

宿泊


 カード決済をご利用頂けます。

 スマホ決済をご利用頂けます。

レコーディングスタジオ 東京から電車一本

グランドピアノ(C7)常設。バンドレコーディングに対応しております!


音楽(music)の工場(factory)として唯一無二の存在でありたいと願っております。

このホームページをご覧になっている皆様、ぜひご利用下さい。


 当レコーディングスタジオの特徴はバンド録音をリーズナブルな価格でご提供出来ること。YAMAHAの本場、静岡県まで足を運び厳選したレコーディング用のグランドピアノ(C7)が常設しているところです。 ProTools HDXシステムを中核とした商用レベルのレコーディングスタジオです。約10畳の大ブースと小ブースを兼ね備え1発録音も可能。宿泊も可能にしておりますので合宿でのご利用もお待ちしております。また、リハーサルスタジオとしてもご利用可能。レコーディング環境で贅沢なリハーサルをお楽しみください。生ドラム・ギターアンプ・ベースアンプも常設しております。*カード払いOK。宿泊OK。PayPayOK。


〜Topic記事〜

YAMAHAグランドピアノ(C7)常設のレコーディングスタジオ

ピアノコンクールに応募する用の音源の録音や、これからリリース予定のCD制作用に音源を必要とされる方には、高品質なピアノレコーディングが実現できるピアノレコーディングスタジオの利用をおすすめします。

 

 

 

 

高品質な音源をレコーディングするには、ピアノレコーディングをするための環境や機材、それにピアノの生録音を得意としたエンジニアが常駐していることが必須条件といっても過言ではないでしょう。

 

特に、ピアノレコーディングに最も適したレコーディングスタジオかどうかを見極めるポイントが、「グランドピアノ」が常設されているかどうかという点です。

 

 

 

神奈川県の逗子市にあるピアノレコーディングスタジオ「Y's Music Factory(ワイズ・ミュージックファクトリー)」には、YAMAHAのグランドピアノ(C7)が常設されています。YAHAMAの本場である静岡県まで足を運んで厳選したレコーディング用のグランドピアノということで、ピアノ演奏をレコーディングするだけでなく、練習室として利用することも可能です。

 

 

 

コンサートでよく使用されているグランドピアノは滑らかに伸びる音の良さや豊かでダイナミックな音色が特徴です。ただ、奥行きの長さのサイズが大きい上、非常に高価なピアノであることから、一般的な家庭ではグランドピアノよりも小さなアップライトピアノが選ばれるのが一般的です。

 

そのため、ピアノレコーディングスタジオのようにグランドピアノが常設された環境はとても貴重であり、普段はあまり触れることのないグランドピアノを思いっきり練習できるといったメリットがあります。

 

 

ピアノレコーディングはピアノとエンジニアが必要不可欠!

 

 レコーディングスタジオに自前のピアノを持ち込むのは困難ですし、そもそもピアノがなければピアノレコーディングをすることができません。よって、ピアノレコーディングをすることを目的としてレコーディングスタジオをお探しの際は、何よりもまず「ピアノが常設されているレコーディングスタジオであるかどうか」、そして「ピアノの生楽器の収音を得意としたエンジニアが常駐しているかどうか」を確認することが重要です。

 

 

 

グランドピアノが常設されたレコーディングスタジオの魅力

 

ピアノレコーディングをする際により良い音を録ることにこだわるのであれば、「グランドピアノ」が完備されたレコーディングスタジオのご利用をおすすめします。

 

グランドピアノの美しい音色を録音するのに最適な空間設計がなされたレコーディングスタジオで、かつピアノなどの生楽器を録ることに長けたエンジニアがいるレコーディングスタジオを選ぶことができれば、ご自身はピアノの演奏に集中することができるので質の高い音楽制作をすることができます。

 

 

 

グランドピアノ常設のピアノレコーディングスタジオをお探しの方は、神奈川にある「YMFレコーディングスタジオ」のご利用をおすすめします。常設されたYAMAHAのグランドピアノ(C7)の使用料はスタジオ料金に含まれているなど、よりリーズナブルな価格設定でピアノレコーディングができると高評価を頂いております。

 


録音からリリースまで一貫したサービスが魅力です

作品を世に出すためには、音源を録って終わりというわけではありません。録った音源はミックスダウンやマスタリングなどの調整作業が必要になります。そのため、初めてレコーディングに挑戦される方や、自分たちの歌声や演奏をCD音源にしたいと考える方には、「録音からリリースまで一貫したレコーディングスタジオ」のご利用をおすすめします!

 

 

 

録音からリリースまで任せられるレコーディングスタジオ

 

バンドレコーディングやピアノレコーディングに対応したレコーディングスタジオでCD音源を制作したいと思ったら、神奈川県の逗子市にあるレコーディングスタジオ「Y's Music Factory(ワイズ・ミュージックファクトリー)」ごに相談ください。

 

 

 

YMFレコーディングスタジオは、YAMAHAC7)のグランドピアノを常設し、最高の室内音響空間を整えた商用レベルのレコーディングスタジオです。最大の強みは音源を録るだけに留まらず、CD制作やリリースまで一貫した音楽制作を得意としていることです。

 

さらに、バンドレコーディングやピアノレコーディングに欠かせない生楽器の収音に長けたエンジニアが常駐している他、レコーディング合宿ができるように休憩室を利用した宿泊利用も可能です。

 

 

 

アルバムを制作しようと思ったら、音を録るだけでなく、音量や音質などを調節なども必要になるので、「高額な費用がかかるのでは?」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、「Y's Music Factory(ワイズ・ミュージックファクトリー)」であれば商用レベルのレコーディングを格安価格で利用できるので安心です。

レコーディングに関して気になることや、プランや料金など色々と相談に乗ってもらえるので、レコーディングをしようか検討中の方は「Y's Music Factory(ワイズ・ミュージックファクトリー)」にぜひ一度お問い合わせください。


スタジオの基本的マナー

本格的な機材が用意されたレコーディングスタジオに一歩足を踏み入れた途端に、何だか急に緊張して動きが硬くなってしまうという人も多いのではないでしょうか。特に、はじめて使う方はレコーディングの使い方を知らないことが原因で、時間だけが過ぎてしまい、レコーディングスタジオでの時間を有意義に使えないといったことにもなりかねません。

 

ここでは、初心者の方向けにレコーディングスタジオを使う前に最低限押さえておきたい基本的なマナーを紹介します。

 

 

 

レコーディングの1時間前には到着しておく!

 

レコーディングスタジオに到着して慌ただしく準備を始めれば、心の準備が出来ていないままレコーディングに入り、演奏に上手く集中できない恐れがあります。レコーディングスタジオの利用時間は予約をした時点で決められているので、次に利用される方のことを考えると予定している時間を超えての利用はマナー違反となります。

 

そのため、決められた時間内で集中してレコーディングに挑むためにも「レコーディングの1時間前には到着しておく」ことが大切です。

 

 

 

飲食はスタジオの外が基本!

 

数時間ほどで終わるレコーディングもあれば、泊まり込みの合宿形式でレコーディングをする場合もあることから、レコーディングスタジオで飲食をする機会が多くなります。

 

そこで大切になるマナーが、「飲食はスタジオの外が基本」ということです。ペットボトルや蓋がついた飲み物であればスタジオ内に持ち込み可というケースもありますが、高価な音響機材に飲み物や食べ物をこぼしてしまう可能性がゼロではないので、飲食ができる場所を事前に確認して、決められた場所で飲食をするようにしましょう。また、喫煙者の方もルールを守り、決められた場所で喫煙をするようにしましょう。

 

 

 

常設された楽器や機材を大事に使う!

 

自分では揃えられない音響機材が揃っていることがレコーディングスタジオを使うメリットの一つでもありますが、正しい使い方で扱わないと楽器や機材を壊してしまう恐れがあります。そのため、レコーディングスタジオ内に常設された「楽器や機材は大事に使う」ということを心がけましょう。

 

レコーディングで使用する音響機材の使用方法が分からなくても、プロのエンジニアが常駐しているレコーディングスタジオであれば、複雑な機器の操作なども任せることができるのでご自身は演奏に集中することができます。

 

 

 

気持ちよくレコーディングをするためにも、今回紹介した3つは最低限のマナーとして覚えておきましょう。